労働問題を解決したいなら弁護士に依頼しよう

業種別の選び方とは

スーツ

飲食店経営者が大阪で税理士事務所を探すときは、多店舗展開のサポートもしてくれる点を重視するべきです。各種申請の支援や資金調達に向けたアドバイスもする税理士事務所は、建設会社が利用するのに最もふさわしいです。

More Detail

遺産を相続した場合は

法律書

亡くなった親が東京都内に家を持っていた場合、かなり高い確率で相続税の支払義務を負うことになります。相続税は、被相続人の死亡を知った日から10ヵ月以内に納めなくてはならない決まりになっていますので、税理士に任せてしまうようにするのが得策です。

More Detail

企業の対策は

男性

従来の消費税から軽減税率に変更になると、中小企業に大きな負担が発生します。そんな時に慌てず対応したいのならば、弁護士に前もって相談しておくと良いでしょう。効率的な対策や、補助金制度の活用方法等を知ることができてお得です。

More Detail

会社とのトラブルへの対処

男性

行政で対応できない事案

今日は経済情勢的にやや停滞感があるものの、雇用自体は堅調で失業者自体は比較的少なめです。しかし、その一方で、労働問題が後を絶ちません。最近の傾向として、いじめやセクハラといったハラスメント絡みの労働問題が増えつつありますが、昔も今も深刻な問題として挙げられるのは、解雇など労働契約の解消についての問題です。労働問題が起きた場合、労働者はまず会社の所在地を管轄する労働基準監督署へ訴えにいくのですが、労働基準監督署で出来ることには限界があります。解雇についていえば、法律上は解雇予告手続きを行いさえすれば違法性を問われない為、解雇が不当なものかどうか、解雇権の濫用にあたるかどうか、といった民事上の問題については行政機関は介入できないのです。

民事問題は専門家へ

解雇自体の有効性といった民事の問題を解決しようと思えば、会社側との話し合いを図るところから始め、こじれた場合は民事訴訟といった裁判手続きを踏まなければなりません。そのような場合に頼れる存在として、法律の専門家である弁護士が挙げられます。弁護士に相談することにより、会社側に対してどのような形で訴えていくのがベターかをアドバイスしてもらえます。また、仮に裁判まで至った場合、弁護士であれば代理人として法廷に立ってもらうことができます。弁護士を選ぶ際に気を付けたい点としては、労働問題を得意とする法律事務所ないしは弁護士を探す、ということです。弁護士の扱う分野は多岐にわたるため、弁護士それぞれで得意な分野が異なるからです。中には、労働問題に特化した法律事務所もあるため、そのようなところに問い合わせるのがより良いといえます。